近藤千賀子さんがレポートしてくれました。「経絡ゼミナール」受講生第1号!
       -----------------------------------------------------------------------------------------------------

みなさんこんにちは。
入門と初級を行ったり来たりの近藤千賀子と申します。
9月29日、新しくできた特別講座「経絡ゼミ」に参加させていただきました。
ほどよく湿った日曜日、ドアを開けた私に正美先生が一言「今日は近藤さんだけなのよ」。
マジっすか
    やったぜ!ラッキー? かぶりつき! 
先生一人占めじゃん…ってことで先生2人と私ひとりでじっくり教えていただきました。

1)まずは経絡の「虚実」の見方、考え方。
 例えば、胃経が実なら脾経も「実」と取るのが経絡指圧の特徴だけど、お腹を触ると胃経は「実」でも脾経は「虚っぽい」…なんていうことありません?そんな時、あなたはどうしますか 私はどうするか…迷うところ…。「実」だと思った経絡の中にもズブズブ指が入る、いわゆる「虚」があったり…。それをどう処置するのか、とか経絡の歪みがない状態ってどんなものなのか、どうすればいいのか、正美先生の前腕をお借りして実技。
    「ホ~~、なるほど」の触り心地?

2)そしてお絵かきの時間:「経絡の場所を覚えよう!」
 こういうのは身体を使って覚えないとね。(経絡走行のお手本付き)
今回は前腕、手のひら側の経絡。今ならバッチリです

3)次は先生手作り「経絡カルタ」
 表に経絡の名前、裏にはその特徴。
信行先生に特徴を読み上げていただいて、私が取る
   がんばったけどパーフェクトならず…残念!

4)治療と治療の期間はどのくらいか。
信行先生いわく「2~3週間あけるかな…」すごいなそれ! そんなに効果が続くのか? 
他の手技は「週1」がお約束じゃん

鍼灸の経絡は手と足にそれぞれに6本、だけど経絡指圧ではそれぞれ経絡が12本!なんで?
臨床で見つけたってことだけど、「鍼灸師も納得?」の理屈がちゃんとある!
お腹の経絡と手足の経絡との関係は…う~~ん…「新宿!バスタ」(私のイメージです)

5)手っ取り早く全身の経絡を変化させる方法
鍼の名人は少ない鍼で全身を調整できるっていうけれど、指圧でもそれができるんだぁ…。
ポイントは「お腹」。それから…、指圧の刺激は、押圧したところから遠くても弱まることはない。
他にも、どんな状態になると治療は「ひとまず終了」になるのか
とかね、いろいろありました
さて、皆さんは経絡指圧がどうしてあんなに効果が高いのか、患者さんにちゃんと説明できますか?「経絡指圧の仕組み」自分の中にちゃんと落とし込んでいますか?
これができているかどうかで、指圧の治療効果に大きな違いがでるんだなぁ…って実感。

教えられたところを教えられた通り指圧してるハズなのに、先生の指圧と私の指圧のこの「違い」は何だ?何を考えて指圧しているのか、両先生の頭の中をちょいと覗き見させていただきました。
いやぁ~「経絡ゼミ」かなりいいわぁ~~

次回の「経絡ゼミ」は11月24日(日) 13:30~15:45
   みんな来ないでね!私が一人占めしたいから!!!(笑)

近藤さん



マレーシアから集中セミナーで度々日本に留学されているFoong Heng Ho さんからレポートが届きました。

                ------------------------------------------------------------------


こんにちは皆さん、私はマレーシアのホーです。
今回自分の感想を皆さんに伝えられるのを心から感謝しています。
2年前に『National Geographic』という雑誌から指圧に関する文章を見て以来、指圧に大変興味を持ちました。それから、インターネットで指圧のコースを探す私の旅が始まりました。
そして恰も好しに、経絡指圧普及会を見つけました。

正直に言えば、私の日本語が苦手なのにもかかわらず、信行先生と正美先生が謹直的に教えてくださった姿を見て、本当に感動しました。其に、日本で一緒に練習してくれたり、経験を共有してくれたりする会員の皆さんに感謝したいと思います。

私の療法センターはペナンにあって、「ナッティ女性療法センター」と言います。
そして私のセンターが提供している療法にはカッサや、お灸や、針灸があります。
日本で指圧のコースを受講してから、今は指圧の療法も提供しています。
2018年から今まで3回の指圧コースを完了しましたが、将来全部のコースを完了したら、指圧教室を開いて、マレーシアの人々に指圧を紹介するつもりです。

次回また皆さんに会うのを楽しみにしています。

写真を数枚添付しました。どうぞご覧にください!

Hoさん











 はじめまして。こんにちは。牧野紀子と申します。

 普段は、東京でOLをしておりまして、経絡指圧は、趣味で習っています。

 経絡指圧を知るきっかけとなったのは、母が4年前にリュウマチにかかってしまったことから始まります。投薬の治療もしていましたが、増永流の経絡指圧をぜひ習得し、指圧をお母さんにしてあげなさいと知人から勧められ、習ってみようと思いました。

 それで、経絡指圧の第一人者の増永静人先生のご著書を買って、読むことから始めました。「スジとツボの健康法 生命のひびき」という本です。最初は、正直、何を言っているのかチンプンカンプンでした。ただ、諦めずに何度も読んでいると、その難しい文章にも慣れてきて、経絡に沿って指圧することで、体調が良くなり、病気も治るということは何となくですが、理解はできました。ただ、頭では何となくわかったつもりでいても、やはり実際にやってみないと!と思いました。

 それで、指圧の知識も技術も全くないド素人の私が習えるところを探しました。いろいろ検索したところ、こちらの経絡指圧普及会のサイトにたどり着き、講座に参加するようになりました。最初の講座は、本当に目からうろこでした。指圧は、力任せにやらず、本当に自分の体重の重みで圧すだけなのです。ただ、単純だからこそ、難しいとも痛感しています。

 また、私自身、正美先生の施術を受けて、すっかり経絡指圧の魅力にはまっています。先生の指圧を初めて受けたときは、全身が凝りすぎているのか、とても痛くて疲れがどっと出たようにだるくなった事に驚きました

 タイ式マッサージやアーユルベーダなど、体をほぐしてもらうのが好きで、時々行っていたのですが、こんなに体に響いたのは初めてでした。ホントに効く

 横臥の姿勢での指圧が個人的にやりやすいので、ほとんど横臥の指圧だけですが、素人ながら、習った技?を母にしてみると、「とても気持ち良い。左手を指圧してもらっているのに、右手にびりびりと響く。などの感想を言ってくれます。また冷たくなった手足を把握圧してもらうだけでも、気持ちいいと言ってくれます

ただ夫は全く逆で「くすぐったいよ!」、または「痛―い!」、そしてたまに「ちょっと気持ちいいね」という感じです。私自身の技術が未熟なのが主な原因だと思いますが、人によって感じ方が違うのも面白いと感じます。

 一番身近にいる夫を練習台にしたいのに、なかなか指圧をさせてもらえず、上達の道には程遠いのですが、家族全員一致の「気持ち良い!」という感想をもらえるよう、ゆっくりと精進したいと思っています。

牧野紀子




↑このページのトップヘ