はじめまして。こんにちは。牧野紀子と申します。

 普段は、東京でOLをしておりまして、経絡指圧は、趣味で習っています。

 経絡指圧を知るきっかけとなったのは、母が4年前にリュウマチにかかってしまったことから始まります。投薬の治療もしていましたが、増永流の経絡指圧をぜひ習得し、指圧をお母さんにしてあげなさいと知人から勧められ、習ってみようと思いました。

 それで、経絡指圧の第一人者の増永静人先生のご著書を買って、読むことから始めました。「スジとツボの健康法 生命のひびき」という本です。最初は、正直、何を言っているのかチンプンカンプンでした。ただ、諦めずに何度も読んでいると、その難しい文章にも慣れてきて、経絡に沿って指圧することで、体調が良くなり、病気も治るということは何となくですが、理解はできました。ただ、頭では何となくわかったつもりでいても、やはり実際にやってみないと!と思いました。

 それで、指圧の知識も技術も全くないド素人の私が習えるところを探しました。いろいろ検索したところ、こちらの経絡指圧普及会のサイトにたどり着き、講座に参加するようになりました。最初の講座は、本当に目からうろこでした。指圧は、力任せにやらず、本当に自分の体重の重みで圧すだけなのです。ただ、単純だからこそ、難しいとも痛感しています。

 また、私自身、正美先生の施術を受けて、すっかり経絡指圧の魅力にはまっています。先生の指圧を初めて受けたときは、全身が凝りすぎているのか、とても痛くて疲れがどっと出たようにだるくなった事に驚きました

 タイ式マッサージやアーユルベーダなど、体をほぐしてもらうのが好きで、時々行っていたのですが、こんなに体に響いたのは初めてでした。ホントに効く

 横臥の姿勢での指圧が個人的にやりやすいので、ほとんど横臥の指圧だけですが、素人ながら、習った技?を母にしてみると、「とても気持ち良い。左手を指圧してもらっているのに、右手にびりびりと響く。などの感想を言ってくれます。また冷たくなった手足を把握圧してもらうだけでも、気持ちいいと言ってくれます

ただ夫は全く逆で「くすぐったいよ!」、または「痛―い!」、そしてたまに「ちょっと気持ちいいね」という感じです。私自身の技術が未熟なのが主な原因だと思いますが、人によって感じ方が違うのも面白いと感じます。

 一番身近にいる夫を練習台にしたいのに、なかなか指圧をさせてもらえず、上達の道には程遠いのですが、家族全員一致の「気持ち良い!」という感想をもらえるよう、ゆっくりと精進したいと思っています。

牧野紀子





 こんにちは!ストックホルムの菅野です。
 もはや恒例行事と言っても過言ではなさそうな(?)正美先生による欧州指圧普及旅行が今年も実現し、有り難いことに私もまたその道中の一部に参加させていただくことができましたのでご報告致します。
      
私が経絡指圧の治療を始めて早や4年。施術後に患者さんからいただく「気持ちよかった」「最近こんなにリラックスできたことがなかった」「痛みが無くなった」等の嬉しい感想に勇気づけられてきましたが、多様な病状にどう対応すればいいか煮詰まってしまったり、時には現状に満足して停滞を感じたりします。そんな中思い切って仕事の休みを取り、正美先生の旅程にできる限り同行させて頂いた結果、想像していた以上に多くの刺激とたくさんの学びを得ることができました。
●コペンハーゲン桜祭りに参加…
 まずコペンハーゲンの桜祭りでは、去年と同様に体験指圧とワークショップを行いました。去年来て下さった方が「今年も楽しみにしていた」とまた足を運んでくださったり、指圧を全く知らず恐る恐る椅子に座った方が、10分間の指圧を受けた後に目を輝かせながら「こんなに気持ちいいとは思わなかった!」と喜んでくれた時は心が踊りました。またワークショップでは、正美先生が自己指圧や家族でできる指圧を紹介され、そのお手伝いをさせていただきとても勉強になりました。どちらも去年を凌ぐ大盛況で、笑顔が溢れる本当に楽しい一日でした。
●現地の日本人女性の尽力で大盛況…
 また、コペンハーゲン郊外に住む日本人女性、久美さんとそのご家族のお宅にお招きいただき美味しいデンマーク料理をご馳走になり、お礼にご家族全員に指圧を受けていただきました。初対面とは思えない程打ち解けて楽しい時間となったのは、素晴らしい手料理と指圧のリラックス効果の賜物だったのではないかと思います。
 そして、オズビーというスウェーデン南部の小さな町では、そこに暮らす日本人女性、明子さんのお宅に泊めていただき、近隣の方を対象に体験治療とワークショップを行いました。どちらもまた満員御礼の盛況ぶりで、指圧への関心の高さが伺えます。
●引き続き、オズビー指圧教室を引き継ぐ…
 後日、明子さんから参加者の皆さんが大変満足されていたとのご報告を頂き、正美先生の後を引き継いで7月から9月までの3ヶ月間、月に1度の割合で治療とワークショップを続けさせていただくことになりました。私は今までワークショップはやったことがなく、いったいどこまでできるのか不安でしたが、正美先生から「自分のできる範囲で気負わず楽しくやってみてください」との励ましをいただき、すっかりその気になって今ではとても楽しみです。このご縁を大事に繋げていきたいと思います。

 今回の体験は、自分ひとりで考えたり行動しても味わうことができないダイナミックで想定外のものがたくさんあり、どれも貴重な学びとなりました。この機会を作ってくださった正美先生と、全行程で共に頑張った石井さんに心から感謝申し上げます!来年はぜひ、皆さんも参加されませんか お会いできるのを楽しみにしています

菅野





2019年4月25日から5月1日までデンマークからスウェーデンにかけて経絡指圧普及のツアーに参加いたしました。昨年もストックホルムで行なった桜祭りと1Day治療室に参加していますので2年連続となります。去年参加した事によって個人で北欧に行く事への負担が少なくなり、とても視野も広がり、指圧に関しても新たな価値観が産まれる良い旅となりました。
●コペンハーゲン桜祭り
 北欧のデンマーク・コペンハーゲンは興味がありながら、時間も要す為このような機会が無ければ行かなかったと思います。個人で北欧まで行く事に関しては海外旅行の環境が整った現在はハードルが低く、とても拙い英語力でもスムーズに現地に赴く事が出来ました。
 桜祭りはランゲリニエ公園にて毎年開催されています。和太鼓や剣道、茶道などの日本文化を発信するブースが数多く並びとても一体感のある大きなイベントでした。
 北欧では日本の文化はとても興味を持たれていると感じました。指圧に関する認識はデンマークでもあるようで体験ブースを開設すると、「いつやってくれるの?」と聞かれ直ぐに埋まってしまいました。やはり皆さん疲れているのかな?とも感じました。自己指圧のワークショップでも参加者の方々は熱心に分からないことを聞いて取り組んでいたことも興味深かったです。経絡のスジにそって圧を入れていく事に驚きがあったのだと思います。
●OSBYの1日治療室
 今回の北欧の訪問の中で一番楽しかったイベントがOsby在住の明子さんがホスト役になって頂いた1日指圧治療室でした。コペンハーゲンからスウェーデンのOsbyまでの移動はとても景観も良く、普通では訪れることの無い田舎街でした。団体職員である明子さんの気配りもあり、指圧治療室とワークショップはほぼ満席でした。指圧に関しても、とても気持ち良かったようで感謝の言葉を頂きました。
 そしてワークショップは皆さん熱心で、盛り上がった会となりました。私も助手として動作の確認等を行いましたが、度々呼び止められやり方を聞いておられました。最終的には自己指圧からパートナーに行える入門編に近い内容まで進んで行きました。
 今後、このosbyにて経絡指圧の施術者が誕生しこの街から普及していく事を想像するととっても楽しくなりました。
 昨年から、この北欧における指圧普及の旅を先生と同行を希望した理由は主に以下の2点です。
1、海外で日本の文化を広めてみたかった事。
単純に私の興味本位ではあります。日本の文化は2年桜祭りに足を運んだことで、大人気であると実体験できました。なぜ?これはこうなのか?どういう理由なのか?と細かく聞いてきます。海外の視点からは日本のように歴史が長く文化を成熟させてきた民族はなかなか居ない事に気付かされます。
 自分が日本人として伝えられることとして指圧という身体に関わる技術も日本独自であり、とても興味を持たれたことに喜びを感じました。
2、西洋人の大きな体型でも、指圧は効果があるのか実体験をしたかった。
現在、世界中のニーズは海外旅行になったようです。特に欧米系の人種ですと高齢者の旅行者も多く、まずはマッサージを受ける方が多いようです。こだわりのある方が本格的な施術を求めた時、経絡指圧はとても喜ばれると感じていました。実際にとても大きな身体の方に行っても効果は抜群にありました!
 
 私も今後の関わり方としては1と2の視点から経絡指圧を普及する立場で行きたいと強く思うようになりました。今回の旅では他には書ききれない出来事が沢山ありました。旅先で出会った親切な方々は今後も忘れられないと思います。
 末筆ではありますが、先生にはこのような機会を与えて頂いたことに深く感謝を申し上げます。

石井卓也


↑このページのトップヘ